アスベストの被害

大きな家

アスベストを大量に吸収すると癌になる

最近は法律で禁止されていますのでアスベストは建物に使用していません。しかしながら一時期防火のためにアスベストが吹き付けようとして利用されておりました。解体工事を行う時には飛散して作業員が吸収する危険があるために事前にアスベストの使用状況を調べなければ解体工事に着手することは出来ません。万一アスベストの使用が確認された場合には、解体工事計画を立てる際にアスベストの封じ込めを盛り込むことになります。封じ込めを行うことによって飛散を防ぐことが出来ます。しかしながら一般的な解体工事を行う場合に比べても慎重に工事を進める必要があります。封じ込め工事を行っても取り扱いをずさんにすると飛散する恐れがあるからです。

建物の施工時期によって使用が推定できる

アスベストの使用期間はおおよその見当がつきますので、既存建物の建設期間が分かればアスベストの使用を推定することが出来ます。期間に該当する時には詳細に調査を行わなければなりません。万一、期間を大幅に外れているのであれば簡易的な調査で済ますことが出来ます。いずれにしてもアスベストは大量に吸うと将来のがんの発生の原因となることが解っておりますので念には念を入れることが重要です。解体工事中にも念のため空気中のアスベストの濃度を測ることのできる計測機械を用意してモニタリングを行えば安心安全な作業を確保することが出来ます。労働環境を良くすることで解体工事に関わる作業員の心配の種を除去することは建設業界の作業員不足を解決するためにも有効です。