古い建物は地震に弱い

高いところの作業

耐震補強の重要性とは

ここ数年地震が頻発していることから耐震補強が注目されています。耐震補強は地震による揺れに対して、建物が崩壊、倒壊しないように補強することです。 耐震補強は建築基準法の改正前で耐震の基準が低かった1981年より前に建てられた住宅では特に重要になってきます。 たとえば、阪神大震災で多くの住宅が倒壊しましたが、ほとんどは耐震設計が不十分だった1981年より前に建てられた住宅だったのです。 耐震補強の一つには耐力壁の設置があります。耐力壁は、壁の中に柱を筋交い状態にしたものやダンパーを入れたものを壁に埋め込む形になります。 それ以外では、地震の揺れで柱がスポッと抜けて倒壊しないように、柱と柱をつなぎとめる金具があります。

免震と耐震の違いについて

このように耐震補強にはいくつか種類がありますが、すべてに共通するのは、「地震の揺れに耐えるのはどうしたらいいか」という点です。 これに対して最近では免震設計のビルやマンションなどがあります。 耐震が地震を真正面から受け止めてそれに耐える設計を考えているのに対して、免震はそもそも地震の揺れをどのように吸収して建物を守るかという点に注目しているのです。 耐震設計の弱点をあえて言うならば、「倒壊はしないが壁などは崩れる」という点で、耐震設計がされていたとしても地震の前の状態と同じく家が無事であるというわけではないのです。 一方、免震設計の特徴は、基礎と建物の間にクッションとなる表層ゴムなどを入れてその揺れを緩やかにして、建物にダメージをあたえないようにするという方法なのです。ただし、耐震よりもはるかにお金がかかるというデメリットもあります。